昔は賃貸アパートの家賃を払ってくれてはいるものの部屋主とは一切連絡がつかず失踪状態なんてこともありました。
賃貸住宅は何をみて何を選ぶか

賃貸アパートの家賃さえ払ってくれればあんしん、ではありません

最近は倉庫をレンタルすることができるのであまりないと思いますが、昔は賃貸アパートを倉庫代わりに借りる人が結構いました。大家さんからすれば倉庫代わりに使われようが実際に住もうがあまり違いがないように思えるかもしれません。けれど倉庫代わりに部屋を借りた住人が問題を起こすことが結構多かったんですよ。一番多いのが、ちゃんと家賃を毎月払ってくれているので気が付かなかったけれど部屋を契約してくれている人と全く連絡がつかなくなっていたというケースです。慌てて連帯保証人に連絡したら、連絡先は知らないし音信不通状態ですと言われることもあったようです。

大家さんから見て賃貸アパートで一番多いトラブルはやはり家賃の滞納です。だから家賃さえ払ってくれていれば問題ないと考える大家さんがたくさんいます。けれど家賃は払ってくれるものの肝心の部屋主が失踪状態になっていることもありえます。最もこういうことはきちんと決まった時期に賃貸アパートの契約更新を行えば防ぐことができることです。ただ昔はそういう部分が緩かったりして、契約更新を全くしないでそのまま借り続けてもらう大家さんもたくさんいたのです。今でも一部地域によってはそういう地域がありますが、気を付けていないといざ更新したいときに部屋主が失踪しているかもしれません。

その他のエントリー

お役立ち情報

Copyright 2018 賃貸住宅は何をみて何を選ぶか All Rights Reserved.