ロフトが付いている賃貸の、造りあげられた空間の理由とその開放された空間で過ごせたら気持ちがよいですね。
賃貸住宅は何をみて何を選ぶか

ロフトのついた賃貸を選ぶ理由

ロフトのある部屋というのは、他の普通の作りの部屋に比べて、なにか広く見えると思いませんか。それには理由があるようです。天井と床とのあいだ。そのスペースを利用した造りにあるようです。その構造上で、ロフトの下のスペースが、狭く感じられないように、わざわざ天井が高く作られている。という、ケースが多いそうです。そう言われてみると、そのような気がしますよね。だから、ロフトのある部屋は、なんか吹き抜けと同じような、おおげさですが大きな開放感という感じというか、自然とそういった印象を与えてくれるような気がします。

そして、その造りの理由から、ひとは目線がロフトの上に行くようになるようです。それによって、さらにそこが広い空間に感じられるようです。不思議ですよね。ひとの目線まで考え抜いて造られた空間ということです。部屋の大きさはロフトが付いていないところとなんら変わりはないのにもかかわらず、天井の高さひとつで、こんなにも開けたような感覚になるというのですから。住み続ける場所になるとなれば、ロフトが付いていると、とても気持ちが良いことです。癒されるようなそんな、開放されたロフト付き賃貸で家族みんなでゆっくり過ごせたらいいですよね。

その他のエントリー

お役立ち情報

Copyright 2018 賃貸住宅は何をみて何を選ぶか All Rights Reserved.