賃貸などについているロフトは使い方は人それぞれですが、使いようによって生活の楽しみが増えると思います。
賃貸住宅は何をみて何を選ぶか

賃貸アパートでのロフトの使いよう

私が初めて一人暮らしをしたときにロフト付きの賃貸アパートに住んでいました。当時は初めての一人暮らしだったのにロフトもついていてロフトをどう使ったら良いのかわかりませんでした。そのときはそこ寝ていました。ロフトに荷物を置いて下のスペースを広くするか、逆にロフトも部屋の一つとして数えるかは人それぞれだと思います。個人的な意見としては、ロフトに荷物を置いて下のスペースで生活した方が良いと思います。理由として、夏場や冬場はそのときの気温ですごく暑かったり、寒かったりします。ほとんどのところには当然エアコンは付いているとは思いますが、なかなか上までエアコンがこないので、正直寝苦しいです。

これも私の体験談ですが、木造のアパートだとロフトで寝ていると上の階の人の足音などがすごく気になります。ただ、部屋の間取り次第では荷物置いたり、ちょっとした部屋として使うと生活はしやすいと思います。今はロフトなしですが、ちょっと置いておきたいものや捨てにくいものなどを置いておいきたいときに、あったら良かったと思うことは少なくありませ。絶対に必要というほどではないですが、あったらあったで生活としては楽しみが増えるような気もします。

その他のエントリー

お役立ち情報

Copyright 2018 賃貸住宅は何をみて何を選ぶか All Rights Reserved.