もし賃貸アパートの騒音が不安なら録音機器を持っていきましょう。騒音を録音すれば証拠になりますよ。
賃貸住宅は何をみて何を選ぶか

録音機器があれば賃貸アパートの騒音問題も何とかなります

もしこれから一人暮らしを賃貸アパートで始める人で「騒音問題が不安、隣の部屋が煩かったらどうしよう」と思っているなら録音機器を用意しておきましょう。もしスマートフォンなどを持っているなら携帯電話でも構わないでしょう。実際に賃貸アパートに引っ越して騒音があったとき、「どんな騒音があったか」ということを録音して証拠に残しておくと苦情を言うにしても大家さんに相談するにしても話がしやすいんじゃないかと思います。何せ騒音というのは音の問題で目には見えません。目に見えないからこそ向うが「そんな音たててないし心当たりがない」と言えば話し合いが長引きます。

騒音を録音しておけば少なくとも騒音があった、あなたが音で迷惑しているということは証明できます。また音の種類を調べることによって何が原因なのかもある程度調べることができます。実際に音を聞いてもらえば実際に騒音を出している住人も心当たりに気が付くかもしれないし、しらを切られることはなくなります。だから賃貸アパートに引っ越す際には何かしら録音機器を持っていくと良いでしょう。住人同士トラブルがあったときにも録音機器は便利ですし、いざというときに安心だと思いますよ。

その他のエントリー

Copyright 2018 賃貸住宅は何をみて何を選ぶか All Rights Reserved.