賃貸住宅のメリット・デメリットです。メリットは引越が容易であることです。デメリットは一生お金がかかることです。
賃貸住宅は何をみて何を選ぶか

賃貸住宅のメリット・デメリット

賃貸住宅には、メリットとデメリットがあることは想像がつくと思いますが、具体的にはどんなものがあるか考えたことがありますか。ここでは、それをお伝えしたいと思います。メリットは、引越が容易なことです。デメリットは、一生お金がかかることです。

もし、稼ぎ手が転勤がある仕事に就いている場合は、賃貸のほうが向いているといえます。例えば家を買ったから、ということで転勤をずっとなしにしてあげようと考える会社はあまりありません。また、ライフスタイルの変化に合わせて引越をすることもできます。しかし、一生お金がかかるため、歳をとればとるほどお金を払い続けることが大変になります。現在は65歳まで働くことができますが、それ以降の住居費を確保しておく必要があります。

一番大事なことは、メリットとデメリットをちゃんと確認し、自分のライフスタイルに合っているかどうか考えることです。転勤が多い方は賃貸がいいでしょう。しかし、数十年後には役職が上がり、転勤の必要がなくなっているかもしれません。そのときにまた、立ち止まって考えてみて、賃貸のグレードをあげるか、または現在購入できる住宅を買うかなどを判断することが大切です。持ち家にこだわりがない方は、ライフスタイルに柔軟に対応できる賃貸住宅をおすすめします。

その他のエントリー

お役立ち情報

Copyright 2018 賃貸住宅は何をみて何を選ぶか All Rights Reserved.