大家さんにとってはクレームが多い賃貸アパートは大変かもしれません。けれど悪いことだとは限りません。
賃貸住宅は何をみて何を選ぶか

クレームの多い賃貸アパート、少ない賃貸アパート

大家さんにとってはクレームの多い賃貸アパートは大変でうんざりするものかもしれません。けれどクレームが多いというのは必ずしも悪いことではありません。少しのことでも賃貸アパートの住人が大家さんに言ってくれればより良いアパートになるし、そうやってちょっとしたクレームが解決されていけば住人も長くアパートに住んでくれると思います。一番問題なのはアパート内で何か問題が起こっているのにも関わらず大家さんに誰も言わず、トラブルがそのままになってしまうことです。これだと住人はどんどんその賃貸アパートから出て行ってしまいます。

室内の設備に問題があるとき、住人同士が揉めているとき、必ずしも住人が大家さんに相談してくれるとは限りません。大家さんに言うよりも別のところに引っ越した方が楽だと考える人もたくさんいるからです。だから大切なのは何かあったときに住人が大家さんに相談できるように信頼関係を作っておくことです。住人と大家さんの間に信頼関係ができていればもし問題が起こったときでも相談してもらえます。相談してもらえればその問題を解決するために動き出せますよね。だからクレームがない賃貸アパートがベストだとは思わないでください。

その他のエントリー

お役立ち情報

Copyright 2018 賃貸住宅は何をみて何を選ぶか All Rights Reserved.